重力とのバランス理論/過労性構造体医学



『重力とのバランス理論/過労性構造体医学』の目次


重力とのバランス理論『過労性構造体医学』の概要

人間はビルなどの建築物と違って、『歩く』という動作が伴う力学的構造体である。人間には歩く度に過剰な衝撃波やねじれ波という介達外力が発生し、生活環境条件の中で反復され、歪みの大きい所から破壊して、負傷の瞬間を特定できない損傷を起こす。
負傷の瞬間を特定できない亜急性・慢性・神経不調には、必ず上記の「過労性」・「構造」・「体環境」のアンバランスが隠れている。これを解明した理論が「過労性構造体医学」なのである。

成人女性の約80%、男性や小・中・高校生の約60%に外反母趾・浮き指・扁平足など足の退化がみられます。これに比例して、原因のはっきりしないひざ・腰・首の痛みや首こり・肩こり・頭痛・めまい・不眠など自律神経失調状態、うつ状態など【未病】が起こっています。
このような患者さんに対し、「足を診せて」というところがないのが問題です。
今まで足は「足」、体は「体」と別々に治療や健康が行われてきたため、本当の原因が分からず、正しい治療や予防、未病を改善することにつながらないのです。
「足と体は一体」、つまり「足と健康は力学的に1対1の割合で関係」しています。これを、力学的に重力とのバランスで解明したのが、重力とのバランス医療「過労性構造体医学」なのです。



Kasahara

変形性ひざ関節症の痛みは98%サラシ一本で治る!

施術予約 TEL:045-861-8558

商品案内 TEL:045-861-8944

▲ ページの先頭へ