笠原巖プロフィール

24、笠原巌のプロフィール

笠原 巌
外反母趾研究家
過労性構造体医学創始者
笠原接骨院院長

外反母趾を研究して約40年、その間初検だけで10万人以上の方の足を診てきました。
外反母趾・指上げ足(浮き指)など現代人の弱った足・不安定な足裏が引き起こす足・ひざ・腰・首の痛みや神経不調など原因のはっきりしない損傷に対し、その発生メカニズムを重力とのアンバランスで力学的に解明し、第3の医学「過労性構造体医学」という新しい学問の構築に至りました。

世の中の病人の80%が原因もなく起こるひざ・腰・首の痛み、あるいは自律神経失調症・うつに悩まされているのが現状です。
ところが、世間では痛いところや辛いところに対する対処療法が主流になってしまっていることに私は心を痛めています。
問題なのは、まったく同じ条件のもとで、なぜ不調を起こす者と起こさない者とにわかれるのかということ。この差を追求するところに、初めてこの部分の医学の進歩が始まるのです。
その答えこそが、土台である足から見た重力とのバランス医学であり、私の使命はこの部分の解明と広報にあると考えています。

裸足で歩く国の人の
足を5年間7カ国にわたり調査

数々の書籍を出版


理論を受け継ぐ笠原接骨院従業員一同

フットケア整体院長として自由診療で施術を行っている

研究の結果、様々な特許を取得

アメリカでの特許も保有

数えきれないほどの商標登録

数々の商品を世に送り出している

柔道整復師であっても、重力とのバランスを力学的に解明し、それを人間に当てはめた「過労性構造体医学」という今まで医学部には存在しなかった理論の普及とともに「知識の向上」「学問の構築」「技術の高度平均化」に努めてまいりました。

原因のはっきりしている新鮮な損傷については、学問もそれを裏付けるハイレベルな技術や治療法も既に存在します。しかしながら、問題なのは"負傷の瞬間を特定できない損傷”つまり、いつの間にか痛くなっていた、"何年も痛みが取れない”などの症状に対しては進歩しておらず、治療が一定水準で止まってしまい、今限界に達しているのです。

その原因やメカニズムが解明されていないばかりか、基礎理論さえも確率できていません。それこそが人間の身体と重力のバランスとを科学した『過労性構造体医学』なのです。

これを見落としていたたために正しい診断法や治療法に結びつかず、治癒率も30年前と比べても進歩していないどころか低下しているとさえ感じてしまうわけです。

私は45歳の時、接骨院を弟子に任せ、半ば放棄した状態で研究に没頭していきました。なぜならば、足の痛みをはじめ各部の慢性痛を起こしている人の90%以上に外反母趾や指上げ足(浮き指)が見られたからです。

これを研究し解明しなければ、延々と痛みや変形に悩む患者さんが増え続け救われないという想いからでした。なけなしの私財を投じては、外反母趾で苦しんでいる方たちが少しでも楽になればと海外調査や商品開発にも膨大な時間と費用を費やしました。

試作品を作っては直しという試行錯誤の繰り返しで、いつしかトラック3台分にもなった試作の山とともに、一時は私財が底をついたこともありました。そんな中、賛同して下さる企業なども増え、よりよいものを今日に至るまで開発してまいりました。

今では、ご愛用下さる方、信頼して来院して下さる患者様、理論にご賛同して下さるお医者様、ご協力下さる方たちや企業のおかげで、多くの皆様に外反母趾の原因と治し方、グッズなどを紹介できる機会が増えてきたことに大変うれしく思っております。

人間として『他者を治したい、助けたい』という魂の叫びは無視できません。これからも、一人でも多くの方を救うことができればと、おこがましいですがそれが私の使命であると強く感じております。


講演風景


世界各国の足の専門家たち
による講演を日本代表としてロサンゼルスにて行いました

はじめて聞く理論に外国人
参加者もみな釘付けでした

テーピング療法に大きな
注目が集まりました

西洋人にも外反母趾や
指上げ足(浮き指)は多い

スペインからのドクターも
スピーカーとして参加

フランス代表のドクター
(右端)からも大きな賛同

岡山の大病院にて
医師・看護師対象の講演

『足を守る会』として他の医師
も発表する中、2時間お時間を頂きました

カサハラ式テーピング療法を
取り入れたいとのお声も

柔整師対象の
卒後教育セミナー

ホリスティック医学協会にて講演

看護師対象セミナー

柔整学校にてセミナー

大手企業向けセミナー

名古屋中日
文化センター教室

朝日カルチャー教室

 

NHKカルチャー教室

高校体育教員向けセミナー

日体協向けセミナー

社団法人
フォークダンス連盟セミナー


スクール風景


横浜校

過労性構造体医学の講義

テーピングの実技指導
にも熱が入ります

一定レベルに達し合格すると
“フットケアポディスト”として
の称号を与えられます

九州校

九州校代表の三浦医師と
笠原先生共同で
新しい技術を普及

元柔道日本代表の
日下部選手も
ゲスト講師として参加

両校において、
三浦医師・笠原先生両方から
の認定を受けられます


笠原 巖の書籍紹介

 
「外反母趾切らずに治す
特効法」
主婦と生活社)
 
「切らずに治す外反母趾
最新版」
(アスペクト)
 
「外反母趾 切らずに治せる、
自分で治せる」
(主婦の友社)
 
「かんたん
自分で治す外反母趾」
フットワーク出版
 
「最新版
自分で治すひざの痛み」
フットワーク出版社
 
「つらい自律神経失調症は
足と首から治す」
主婦と生活社
 
「ファイナルフットケア」
 
「はくだけダイエット」
シネマファスト
つけるだけダイエット
「つけるだけダイエット」
KKベストセラーズ
足裏アーチダイエット
「足裏アーチダイエット」
廣済堂
はくだけ健康法
「はくだけ健康法」
KKベストセラーズ
 
「過労性構造体医学」
医道の日本社
「みるみる腰痛・肩こりがラクになる!足裏バランス健康法」
「みるみる腰痛・肩こりがラクになる!
足裏バランス健康法」
講談社
「みるみる腰痛・肩こりがラクになる!
足裏バランス健康法」

笠原巖著/講談社
1,575円(税込)
2012年3月30日 発売 全国大型書店・ネット書店にて
● 骨盤がゆがむ原因は「足裏」にあった!

Kasahara

変形性ひざ関節症の痛みは98%サラシ一本で治る!

施術予約 TEL:045-861-8558

商品案内 TEL:045-861-8944

▲ ページの先頭へ