【外反母趾・フットケアのカサハラページ】

▼3本指テーピング靴下 ▼技術と機能性 ▼3本指テーピング靴下を履いたときの特徴〜歩き癖が分かる〜
▼3本指テーピング靴下で足裏のバランスを整え、美と健康に導く    

3本指テーピング靴下

履くだけで足裏のバランスが整えられる画期的な靴下をご紹介します。
これは決して商品を売るつもりで申し上げているのではありません。
これから『靴下革命』が起こってくるものと考えているからです。
まず『靴下の役割が変わってきた』のです。
今までのような「足を保護する」「足が冷えないようにする」、これだけでは時代の変化に対応できない、不十分なのです。
なぜなら、時代の変化、ライフスタイルの変形に伴って現代人の足にも変化が起っているのです!つまり、足裏の異常(退化)が子供から大人まで激増し、その足裏の異常(退化)に伴って原因のはっきりしない。

@慢性痛やスポーツ障害
A自律神経失調症状(うつ、パニック症、不整脈)
B生活習慣病(糖尿病、心臓病、メタポリック症候群など)

が主流になっているからです。足裏の異常(退化)とは、外反母趾、指上げ足(浮指)、扁平足などです。
これからの時代に求められる靴下の役割とは、これまでのように足を保護することに加え、「履くだけで足裏のバランスを整え、正しい歩行を促す」と言う機能が必要なのです。
履くだけで足裏のバランスが整うと自然と正しい歩行ができるようになり、姿勢や骨格も整ってきます。それに加え、足指に踏んばる力が戻ってくるので歩行時に、最も有害となる地面からの突き上げ「過剰な衝撃波やねじれ波」を吸収無害化できるという効果があり、現代人の弱点を補うことができるのです。
足裏のバランスが整っていなければ、たとえどんな健康法や美につながることをしても、それは表面だけの気休め的なこととなり一過性で終ってしまいます。
足裏のバランスを整える最も簡単な方法が、テーピングの技術が編みこんである「3本指テーピング靴下」なのです。普通の靴下と同じように履け、これからの時代になくてはならない靴下になるはずです。
正常な足のポイント
3本指テーピング靴下足首丈
商品はこちら
3本指テーピング靴下
足首丈
3本指テーピング靴下足首丈クルー丈
商品はこちら
3本指テーピング靴下
クルー丈
O脚補正ソックス
商品はこちら
O脚補正ソックス
テーピングパンスト
商品はこちら
テーピングパンスト
ショートストッキング
商品はこちら
ショートストッキング
ページトップへ

技術と機能性

1:なぜ3本指なのか、その理由

なぜ3本指なのか 親指と小指を別々に分けたり広げると、残りの3本が前に出てきて指の間が開き、踏んばれるようになります。本来、動物の足はこのようにできているのです。犬や猫の親指が他の指よりもやや後側にあり、小指と離れているのはこの為です。ですから、ライオンやヒョウは時速60〜80kmで走ることができるのです。この動物の原理を応用しているので3本指タイプになっているのです。

2:なぜ2本のテーピングなのかその理由

なぜ2本のテーピングなのか 足指側の一本目のテーピング機能は、親指のつけ根から小指のつけ根を締め、横アーチを再生する構造になっています。
もう一つの足首側の2本目のテーピング機能は、縦アーチ(土踏まず)を再生する構造です。これも犬や猫の原理を応用しています。犬や猫の足を両側から押すと、アーチが再生され、縮こまっていた指が前に出てきます。これで指が踏ん張り、肉球のクッション作用との相乗機能により、走る時の過剰な衝撃やねじれ波を吸収無害化しているのです。

2本の内臓サポーター&3本指タイプ 子供から大人まで足裏の異常が社会問題になりつつありますが、その答えがこの靴下にあるのです。靴下は、ただ足をかばうだけの役割から、「3本指テーピング靴下」で足裏のバランスを整える機能で、健康と美、そして正しい歩行から予防医学の時代に変わってきたのです。
ページトップへ

3本指テーピング靴下を履いたときの特徴〜歩き癖が分かる〜

1:小指が脱げ易い

○外反母趾や内反小指、指上げ足(浮指)の人は、指が踏んばっていないため、足先が外方向へ流れる「ねじれ歩行」になっている。そのため、足先が外方向へ流れ引寄せるとき、小指が脱げ易くなる。
○悪い歩き方をしている人程、小指が脱げ易いという特徴がある。
○通常2〜3ヶ月で足指が踏ん張ってくると脱げなくなり、脱げなくなったときが『正しい歩行』のスタートライン。これを目安となる。

2:靴下が切れ易い

○「指上げ歩き」をしている人は、踏んばれず、逆に指先が上がっているので爪が刃物のようになり、親指の先の部分などを切ってしまう。
○足裏にタコのできている人は角質層が厚くなっているため、タコのある指先のつけ根部分を切ってしまう。
○切れてしまった場合はすぐ捨てないで、テーピングが編みこんである部分を残すようにカットし、サポーターとして使用し、その上から通常の靴下を履くことができます。

3:3本指タイプなので人前で足を出しにくい

○見慣れない3本指タイプなので最初はためらうが、履いてみると身体が安定することを本能(安全本能)で感じる。
○体に良いということを本能で感じ取ってくると、「はずかしい」という思いよりも効果的、つまり健康や美の方を優先して3本指テーピング靴下を履くようになる。

4:足がつったり、筋肉痛が起こることもある

○3本指テーピング靴下で足裏のバランスを整え、足指を使って歩けるようになると、今まで使っていなかった正しい筋肉を使うようになることから、足がつる場合がまれにあります。2〜3週間で次第に新しいバランスに慣れるとつらなくなります。
○また、足裏のバランスが整うとそれに比例して全身のバランスも整ってくるので、今まで使っていなかった正しい筋肉を使うようになり一時的に筋肉痛が起ることがまれにあります。この場合も2〜3週間で次第に慣れ、筋肉痛が消えてきます。
○「3本テーピング靴下」は逆から見ると、それだけ効果があり、足裏と全身のバランスを整える機能を有しているのです。

5:潜在的に疲労骨折が隠れている人は痛くなる

既に第2中足骨骨頭部(第2指のつけ根)に変形や疲労骨折があり、たとえその時痛みはなくても潜在していると、まれにテーピングの圧力で痛みが現れる場合があります。この場合は早期発見と考え、まずは専門医に相談してください。また痛みのある場合のテーピングを4〜6ヶ月することで潜在的に隠れていた疲労骨折やそれ以前の変形が良くなります。

第2中足骨骨頭部
ページトップへ

3本指テーピング靴下で足裏のバランスを整え、美と健康に導く

1:履くだけで足裏のバランスを整え、外反母趾、内反小指、指上げ足、扁平足を予防

子供から大人まで足裏の異常が社会問題になっていますが、その答えがこの靴下にあるのです。現在、利便性を持って簡単に日常生活の中で足裏のバランスを整える商品は他に見当たりません。これからの時代、また現代人になくてはならない靴下になるはずです。特に「予防」という意味ではどなたにも必要なのです。

2:履くだけで自然と正しい歩行が促される

○足裏のバランスを整えるテーピング機能が靴下に編み込んであり、足裏の縦横アーチが形成され、しかも3本指タイプなので踏ばれるようになります。足裏が安定してくると、次第に靴下がズレなくなると共に回転しなくなり、小指の部分も脱げにくくなる。これを正しい歩行のスタートラインの目安とする。
○足裏のバランスが整ってくるとそれに比例して全身のバランスも整い、自然と正し歩行が促される。

3:疲れにくくなり、次第に体力がついてくる。

足裏から全身のバランスが整ってくると体に余分な負担がかからなくなり、疲労が取れ、体力がついて疲れにくくなります。更に、腰痛やひざ痛にも効果があり、しかも首を安定させるので頭痛、肩こり、めまい、不整脈など自律神経の回復にも役立ちます。

4:下半身ダイエットとO脚矯正

足裏のバランスを整えると、すね、ふくらはぎ、太ももへの余分な負担がなくなり、余分についた脂肪や筋肉が落ち、締まってきます。また正しい歩行と共に、O脚が改善されたり姿勢が良くなります。姿勢が良くなると共にヒップアップ、バストアップと共に骨盤の歪みもなくなります。

5:冷えやむくみの解消とダイエット

足裏のバランスを整え、正しい歩行が身についてくると、ふくらはぎやすねの筋(きん)腹(ぷく)運動作用(ふくらんだり、縮んだり)が起こり下肢に溜まった血液を心臓へスムーズに送り返す為、ポンプ作用の高まりと共に基礎代謝が上がり、冷えやむくみが解消されるほか、内脂肪を燃焼させるのでダイエット効果もある。