外反母趾(亜急性捻挫)情報



『外反母趾(亜急性捻挫)情報』の目次


『外反母趾(亜急性捻挫)情報』の概要 

外反母趾は大きく分けると、「5種類に分類」されます。
まず、ご自分が5種類の中でどの種類の外反母趾に当てはまるかを照らし合わせ、適切な対策法を知ることが大切です。
特に問題なことは、40歳以降のひどい外反母趾のほとんどが病的要因、『ヘバーデン結節が原因となる外反母趾』にも関わらず、見落とされ悪化させているのです。
「ヘバーデン結節」とは、手の第1関節が太くなったり、曲がったりするもので国民病と言えるほど40歳以降の女性に多いもの。これが足に起こると、ひどい外反母趾になることが知られていないため、仮称「足ヘバーデン」と呼び警鐘を鳴らしています。治療法も異なるので、「一般的な外反母趾」と区別することが重要です。
そして、外反母趾は『痛いときが曲がるとき』。早めの対応が必要不可欠です。
また、外反母趾で痛みがなくても、足だけの問題にとどまらず、そこから2次的障害となってひざ・腰・首の痛みや身体の不調を引き起こすので一刻も早い対応が必要です。



Kasahara

変形性ひざ関節症の痛みは98%サラシ一本で治る!

施術予約 TEL:045-861-8558

商品案内 TEL:045-861-8944

▲ ページの先頭へ