【2022年8月29日開催】笠原接骨院院長が教える「自分で治す!外反母趾・浮き指」

2022年08月29日 14:00~17:00
講師 笠原 巖
開催場所 ZOOMオンライン
テーマ \足と健康との関係を公開/笠原接骨院院長が教える「自分で治す!外反母趾・浮き指」
持ち物 筆記用具
参加費 IHTA会員:6,500円
一般(会員以外の方):7,500円

セミナー内容

地球に住む私達は「重力」によって生かされています。その重力とのバランスを最も多くコントロールしているところが人間の土台である『足』です。

足は「足」、体は「体」、精神は「心」と別々にみるのではなく、「足」から「重力とのバランス」で全体的に捉えることが重要です。

足裏に外反母趾・浮き指・扁平足などの異常があると、重心がかかとに片寄り、さらに左右差を伴って人間の土台となる『足裏』が不安定になり、これに比例して体にゆがみ(ズレ)が発生します。

実は、これが隠れた原因となって、原因のはっきりしない痛みや自律神経の不調(頭痛、肩こり、めまい、不眠、胃腸障害、冷え、むくみ、疲れやすい、気候の変化についていけない、など)が多発しているのです。

そして、40歳以降は「ヘバーデン結節」の全身性を知ることが必要不可欠です。手の第1関節が変形する「ヘバーデン結節」(変形性関節症(炎))が、遠く離れた「足」にひどい外反母趾を起こしています。このほか、足首、ひざ、股関節、腰、背部、頚部にも同じように変形性膝関節症(炎)を発症させています。

▼内容(実技)
・外反母趾・浮き指・扁平足に対する「足裏バランステーピング法」
・足首のゆるみを改善する、90%の固定
・「リスフラン関節」の調整
・足指の運動可動域を広げ、踏ん張り力を高める「グーパーリハビリ運動」
・「ヘバーデン結節」の全身性を簡単に見分ける「3つのポイント」

▼こんな方にオススメ
・外反母趾・浮き指・扁平足にお悩みの方。
・原因がよく分からない自律神経の不調を抱えている方。
・施術を繰り返してもなかなかよくならないクライアントを抱えている方。
・「ヘバーデン結節」の全身性について知りたい方。