【外反母趾・フットケアのカサハラページ】


はじめて知る足裏美学

足がキレイでないと人格まで疑われる

女性の姿 一般的に街で人を見る時、最初は顔とスタイルで判断していても、最後は必ず履物や足元に目がいきます。
瞬間的に足元から全身のバランスをトータル的に見ているのですが、どんなにおしゃれをしていても、サンダルや靴がよごれていたり、似合わなかったり、またその履物から親指が曲って出っ張っている状態が分かったり、指の背の部分や小指にタコができているような足では台無しです。

足への視線はするどいものです。足の形や指先まで気を配ってこそ、始めてトータル美人となり、気品と共に安定した心の状態まで感じとれるのです。
逆に、外見から外反母趾が分かったり、足が変形しているのが分かると、人は本能的にそれが身体に悪影響を及ぼしていることを感じとり、この人はたいしたことないと判断し、幻滅してしまうのです。
悪い足が身体に悪影響を及ぼしていることを本能的に感じ取っているのです。

悪い足は肉体的にも精神的にもよくない

外反母趾・指上げ歩き
首や肩こり・頭痛

外反母趾や指上げ足(浮指)、タコができている人は、体の土台となる足裏が不安定になり、その不安定を首が補うため、頭痛・肩こり・めまい・腰の痛みなどを始め、自律神経失調によりイライラして怒りっぽくなっていたり、キレやすくなっていて限界にあることを足から本能的に感じ取っているのです。

このように悪い足は慢性的な痛みや心のバランスまで狂わせ、顔の表情や態度までも悪くしてしまいます。いくらキレイに着飾っていても、それが潜在していることを読み取られ、結果的に人格まで疑われてしまうといっても過言ではありません。

まずは足元を明るく、そして気くばりを

足元を明るく 足先の形がキレイだったり、履物がその人に合っていると、それだけでとても上品に見え、更には性格やスタイルまでもよく見え、健康美を連想するようになるので足というものは不思議です。
人間は土台となる足元から全身のバランス(調和)を見ます。それは誰にでも、土台からバランス(調和)を保とうとする本能が備わっているということの証拠ではないでしょうか。
人生の勝負は多くの場合、自分と他人にどれだけ気を配ることができてきたかどうかで結果がでるものです。

まず、自分を律し自分に気を配り進歩していくことが日々重要であり、また自分を大切にするなど自分に気を配れない人は、他人にも気を配ることができません。それは他人からも相手にされなくなってくるということなのです。
人生の勝負、その出発点は「気を配る」という、“まき”をくめることであり、その努力の中にこそ自分を磨くチャンスがあります。それはやがて信頼の炎で大きな幸運をつかむことになるのです。
まず自分の足元への小さな気配りから始めることも、信頼や友情を高めていくきっかけのひとつでもあるのです。

エラ顔も足が原因

エラ顔

バランス

エラが張り、顔が四角くなるのも悪い足を顎(あご)が補ったことが原因なのです。
悪い足による足裏の不安定は、積木の一段目の原理で説明したように、1段目が狂うとそのてっぺんにあたる首が一番多く補うのです。
首で不安定を補おうとする時、顎にも力が入り特に強く噛んでバランスを保とうとする癖がついてしまうと、顎の骨が発達しエラが張ってくるのです。特に、成長盛りにこの癖を続けていると、急にエラが発達し、一生四角い顔になってしまいます。また、足裏が不安定だと歯ぎしりの癖がついたり、歯並びも悪くなってしまいます。
このような顔の輪郭の変形は、スケート選手に多くみられます。スケート靴は足裏を著しく不安定にします。しかも、それで氷の上を滑るのですから余計に安定感が必要となるのです。そのため、無意識のうちに強く噛みしめてバランスが崩れないように滑っているのです。

エラが張っている人の中には、遺伝的要因による場合も10%はあると思いますが、大半は足裏の不安定により後天的にエラが発達しているのです。
また、O脚でガニ股歩きをしていても同じことになりますので注意して下さい。
重要なことは、若いうちに、できれば小学生の頃から足裏のバランスを整えて正しい歩行をすることが必要であり、足裏のバランスは美しい顔となる輪郭を形成するのに不可欠ということなのです。

大人であっても小顔にすることでエラの張りを隠せます。小顔にするには、テーピングで足裏のバランスを整えたり、テーピングが編み込んである3本指タイプのテーピング靴下で足裏のバランスを整え、首や顎への負担を軽くすることです。

鼻筋や口元が曲がっていると気づいたら悪い足を治すこと

口元が曲がっている 顔面の左右差を見つける簡単な方法は、仰向けに寝かせタオルなどで目を隠し、頭側から見て鼻筋と顎(あご)の先端が一直線上にあるかどうか確認して下さい。
鼻筋と下顎の先端が一直線上からずれている場合は、背骨や顔が曲がっているのです。そして、顔の左右で輪郭も大きく違っている人もいます。
しかし、これも認めたくないという深層心理が働き、この事実を打ち消してしまうから気付かなかったのです。これは女性に多くみられ、ほとんどの人が若くても自律神経失調症状があり、ひどい場合が多いのです。

これらの女性をよくみると、必ず悪い足をしていて、しかも左右で足の形が微妙に違うのです。この足裏の左右差・不安定さを片側の頚椎と片側の顎(あご)が補おうとするため、片側の顔面の筋肉が発達して顔が曲がってしまうのです。また、首の凝り、肩凝り、だるさ、頭痛などの根本原因となる顔面の左右差は、まず鼻筋と下顎のズレで判断し、その次に口元や頬、目やまぶたの片寄りをみつけることから始めて下さい。

<対処法>

気づいたら足裏のバランスを整えて正しい歩行を促し、更に整体などで足裏から全身のバランスを整える「フットケア整体」を行うと半分位は改善してきます。半分だけでもいいのです。なぜなら、これ以外に簡単に改善する方法がないからです。ですから、こうなる前に当院が長年訴えている「フットケア整体」による健康法が大切なのです。

肥満の根本原因も追究していくと「悪い足」にたどりつく

「悪い足」 「悪い足」が肥満の根本原因になっているといってもピンとこなかったり、関連づけられない人が多いと思います。ここでは3つのその本質を簡単に説明していきましょう。
第1に、悪い足は体の土台となる足裏が不安定になるため、これを補おうとして必ずその上部のすねやふくらはぎ、もも、あるいは全身が余分な負担を受け続けることになり、次第に余分な筋肉もついてしまうのです。この余分な筋肉は疲労しないようにと、今度は脂肪を蓄えてしまうのです。すね、ふくらはぎ、下半身が太くなってしまうのが特徴です。
第2に、悪い足は地面からのドシンドシンという歩行時のストレスにより、身体の一番てっぺんにある頚椎を変形させるため、自律神経を痛めてしまうのです。自律神経が傷つくと肉体的にも精神的にも慢性的な疲労状態になり、これを本能的に回復させようとしてストレスホルモン(コルチゾール)のレベルが高くなり、食欲増進につながってしまうのです。顔が太ることが特徴です。
第3に、悪い足は運動能力を低下させてしまいますから、循環器系の代謝機能が低下してしまいます。これは基礎代謝量の低下につながるのでコレステロール値や血糖値も高くなるのです。
悪い足と肥満との関係を3つ説明しましたが、この中の1つに該当する人もいれば、3つの要素をもって肥満になる人もいるのです。
人間は重力とのバランスを効率的に保つことを第1優先している以上、肥満の原因やダイエットの方法もこれに従って人間の土台となる足裏から考えていくことが必要なのです。
多種多様のダイエット法が出回っていますが、全ての基本として人間の土台となる悪い足、不安定な足裏のバランスを整えていくことがいろんな方法の基本として必要なのです。

商品はこちら
骨盤&股関節 美調整ガードル
3本指テーピング靴下
商品はこちら
3本指テーピング靴下