【外反母趾・フットケアのカサハラページ】

▼自分で治す腰の痛み ▼腰痛は足の異常と一致する ▼腰のサラシ包帯の巻き方
▼ギックリ腰を起こす人は数日前より予感がある ▼腰痛のまとめ  

自分で治す腰の痛み

古くさい今までの診断法や治療法、あるいは予防法に洗脳され、それに固執していたのでは腰痛は治せない、治らないのです!
その程度の内容であれば既に一定の水準で止まっていて、今限界に達しているからなのです。
確かに、現代医学は原因のはっきりしている新鮮な腰痛に対しては正確に解明していますが、しかしこれとは逆に原因がはっきりしない「慢性腰痛」に対しては、本当の原因(正しい診断法)も、またその治療マニュアル(正しい治療法)もできていないのです。全腰痛患者の80%以上を占めているのが、はっきりとした原因がなく起こる慢性的な腰痛なのです。

同じ人間でありながら、なぜ腰痛を起こす者と起こさない者に分かれるのか、この違いを追及し解明しないのは現代医学の落度なのです。そして、人間の土台となる足裏の免震機能の低下から腰痛を診断しないことは、もう古く時代遅れなのです。
今、新しい時代と共に原因のはっきりしない腰痛を解明した第3の医学となる「過労性構造体医学」が発見されているのです。この事実に気づいていただきたいのです。

● 慢性腰痛には次の8通りの隠れているパターン(重力とのアンバランス)があるのです。

1. 腰のそり過ぎによる腰痛 反り腰

2. 腰の曲り過ぎによる腰痛 曲り腰

3. 左側重心による腰痛 片側重心・片側体重

4. 右側重心による腰痛 片側重心・片側体重

5. 生理的弯曲の消失に
よる腰痛
生理的湾曲の消失した腰檻
上記の構造学的歪みのどれかに
6. 弱った足裏からの過
剰な衝撃波が介達外力
となった腰痛
過剰な衝撃

7. 弱った足裏からの過
剰なねじれ波が介達外
力となった腰痛
過剰ねじれ波
1〜7迄の力学的アンバランスに生活環境条件により反復性が加わった腰痛
1〜7迄の力学的アンバランスに生活環境条件により反復性が加わった腰痛
慢性腰痛、ギックリ腰、腰椎ヘルニア・分離症・すべり症、脊柱管狭窄症は、すべて上記の中に含まれ、そして足が関係しているのです。簡単に説明すると次のようになります。

1. 腰の構造学的歪み(前後・左右・上下)に
2. 足裏からの介達外力(過剰な衝撃波・過剰なねじれ波)が
3. 生活環境の中で反復される(環境条件)ことにより慢性腰痛が発生する
という今まで気づかなかった、あるいは隠れた「足と腰痛のメカニズム」があるのです。
腰痛を診断したり、そして治療していくという新しい考えが必要なのです。
しかし、現在腰痛でどこの医療機関に行っても、足を診る、足からその原因を追究するという所はないのです。
負傷の瞬間を特定できない損傷を解明する
8方向の診断(8通りのアンバランス)
自然界5次元構造の法則 縦× 1 前のアンバランス 構造医学
8方向の診断 負傷の瞬間を特定できない損傷に対する
2後のアンバランス
横×3左のアンバランス
4右のアンバランス
高さ×5上下のアンバランス
時間×6衝撃のアンバランス過労医学
7ねじれのアンバランス
環境×8患部環境のアンバランス環境医学
ページトップへ

腰痛は足の異常と一致する

「年に何回かギックリ腰を繰り返す人」「痛くなったり良くなったり長年繰り返す人」「痛めた原因がないのにX線検査でヘルニア・分離症・すべり症といわれた人」「いつも重い痛みがあり、季節の変わり目や雨が降る前に痛む」といった症状を訴える人達の足を診ると、その殆どに足裏の異常があるのです。

その足裏の異常で多いのが、外反母趾、指上げ足(浮指)、扁平足です。 この足裏の異常は何よりも免震機能が衰えてしまうため、歩く時に「過剰な衝撃波やねじれ波」という介達性の外力を腰に伝えてしまうのです。この1回の衝撃波やねじれ波は弱いもので自覚することはできませんが繰り返されると、大地震のエネルギーに匹敵した縦揺れと横揺れの巨大な破壊力になり腰にダメージを与えてしまうのです。
結論
このダメージが多く蓄積されているかどうかで、それぞれの症状や検査結果になっているのです。その証拠に慢性腰痛で悩んでいる人の90%に足裏の異常があり、それが統計的に裏付けられているということです。

腰痛の根本療法は固定(無重力療法)

腰痛を治すのは骨盤の上に上半身をバランスよく乗せる「カサハラ式腰痛体操」をしたり、またイメージするだけでも自然にバランスが整ってきます。専門家による整体やカイロもこのバランスの調整をしているのです。

そして、腰痛を根本的に治す90%の働きが固定(無重力療法)となるのです。
その固定となる材料は、サラシ包帯「骨盤ベルト付コルセット」または両方の併用が最も効果的です。サラシ包帯の作り方は、「自分で治すひざの痛み」のところでも説明しているように、サラシ1反の幅を3等分に裂いたものを使います。
腰痛の根本療法は固定       腰痛の根本療法は固定       腰痛の根本療法は固定
ページトップへ

腰のサラシ包帯の巻き方

まず、1本目のサラシ包帯を股関節の外側にあたる大転子の位置からできるだけ強く巻き始め、しっかりと固定し土台を作るのです。
次に、やや上方にずらしながら仙腸関節が動かないよう固定し、最後の残り半分は骨盤全体を「スジカイ巻き」にし、サラシ包帯の最後は巻いたサラシに、はさみ込んで止めて下さい。
痛みがひどい時は夜もそのまま巻いて寝て下さい。基本は、「昼間巻いて、夜は外す」ということが理想的です。サラシ包帯による固定法(無重力療法)は殆どの人に激的効果が起こります。

<巻く量の目安>

巻く量の目安は次の通りです。
1. 軽い痛みの場合は、「1本のサラシ包帯」を股関節の線上から骨盤にかけて「スジカイ巻き」を行い、股関節と尾骨と仙腸関節を固定する。腰ではないので注意して下さい。

2. ひどい痛みの場合は、「2本のサラシ包帯」を用います。まず最初に1本目を前項(1)と同様に股関節線上から骨盤にかけて「スジカイ巻き」を行い、土台を作る。次に、その上から2本目のサラシを腰椎にかかるように巻く。

これを3週間続けると、どんなひどい腰痛も半分は治ってきます。
ギックリ腰のような急激な痛みの場合は、先にサラシ包帯1本を巻いて、その上から「骨盤ベルト付コルセット」をすると3日位で楽になってきます。 また、サラシ包帯が面倒だという人や我慢できる程度の軽い痛みの場合は、骨盤の形を整えて、自然に骨盤の上に上半身をバランスよく乗せ、更に固定力の機能をもっている「骨盤ベルト付コルセット」をするだけでも良くなります。
<軽い痛みの場合:サラシ1本>
工程1    工程2    工程3    工程4
<ひどい痛みの場合:サラシ2本/前項のサラシ1本を巻いた上から下記の通り2本目を巻く。>
工程1    工程2    工程3    工程4
<急激な痛みの場合:サラシ1本を巻いた上から専用コルセットを装着>
<軽い痛みの場合:サラシの代わりに専用コルセットで対応も可能>
工程1 工程2 工程3 工程3
残りの10%の治療は足裏への免震機能(クッション作用)の回復と血行促進です。 具体的には、
  1. 足裏のバランスを整える「テーピング」または「3本指テーピング靴下」
  2. カサハラ免震インソール(人工筋肉素材)
  3. 免震シューズ(免震インソール内蔵)
  4. 電気・マッサージなどで腰の血行を良くし痛みを和らげる

足裏バランステーピング
商品はこちら
足裏バランステーピング
3本指テーピング靴下
商品はこちら
3本指テーピング靴下
免震インソール
商品はこちら
免震インソール
免震機能付きシューズ
商品はこちら
免震機能付きシューズ
全く働けないようなひどい腰痛で病院に入院したとしても、主な治療は安静にして寝ていることがほとんどです。これは重力の負担を軽くする無重力療法のひとつです。ひどい腰痛は、安静にしてまず炎症を止めることが最優先ですが、入院しない限り寝ているわけにもいかないので、サラシ包帯を使って固定(無重力療法)をするのです。しっかり巻いたサラシ包帯固定はギプスにも匹敵しますが、日常生活ができるというメリットがあるのです。そして、忘れてはならないのが足裏への免震対策です。

人間の体にも耐震構造設計が必要なのです。この耐震構造設計ができている人はすべてに健康です。逆に、体に耐震構造設計ミスがある人は、ひざ痛、腰痛、頭痛、肩コリなどに悩まされ、特に頚椎を痛めている人は自律神経失調症や生活習慣病の引き金にもなってしまっているのです。
ページトップへ

ギックリ腰を起こす人は数日前より予感がある

ギックリ腰を起こした人たちの半分以上が、数日前からギクッとするような予感があったといいます。腰に起こっている歪みを本能的に感じとっている証拠なのです。腰に起こる歪みの原因は足にあります。左右の異なる歩き方は、まず腰椎を歪ませてしまうのです。
次に、その歪んだところへ歩行時の足裏からの突き上げ(過剰な衝撃波)や変則歩行によるねじれ(過剰なねじれ波)という介達外力が発生し、これが日々の生活環境の中で反復され、それぞれの腰痛が起こっているのです。
ギックリ腰を予感する人は、この歪みに過剰な衝撃波やねじれ波が限界を超える瞬間を感じ取っているのです。咳やくしゃみをした時、不意に中腰になった時、次の動作に移ろうとした時に、限界を超えギクリとした途端に激痛に襲われるのです。歪みや変形のある腰へ、自分の上半身の重さだけでも瞬間的に一部分に集中すればひとたまりもないのです。
ギックリ腰を起こす人は、すでに歪みや変形が90%潜在的に蓄積している人なのです。
ギックリ腰の原因
ページトップへ

腰痛のまとめ

腰痛の治療において、整体・カイロ・マッサージや現代医学においてもそれなりの効果があると思います。しかし、何といっても痛みを起こしている部分への安静固定を忘れてはならないのです。たとえどんなすばらしい治療を受けても、その後の安静固定(サラシ包帯による無重力療法)と、足裏のバランスを整える(免震処置)ことができていなければ、原因療法にはならず、せっかく骨盤調整をしてもらっても、またすぐ歪みが起こってしまいます。逆にいえば、何もしなくてもサラシ包帯やコルセットで腰の安静固定が保てれば、通常の腰痛は殆ど治ります。また、サラシの巻き方がどうしても分からない場合は、カサハラフットケア整体にて一度施術を受けられることをお勧めします。

最高のセカンド療法とは
1. まず、電気やマッサージで腰の血行を良くし痛みを和らげる
2. 次に、足裏から全身のバランスを整える整体やカイロを行う
3. 最後に、しっかりとした固定(無重力療法)を行うことです
最高のセカンド療法とは最高のセカンド療法とは最高のセカンド療法とは
このほか足裏のバランスを整える方法として、テーピングや3本指テーピング靴下を使用し、靴の中には免震インソールを入れることが重要です。
整った足縦アーチ再生押圧サポーター専用人工筋肉インソール