【外反母趾・フットケアのカサハラページ】

▼下半身ダイエットについて ▼正しい歩行でダイエット「悪い足が下半身を太くする理由」 ▼足裏美学コンセプト『美と健康は足裏のバランスから』
▼悪い足とは、こんな足

下半身ダイエットについて

すねとふくらはぎが異常に太い 今まで何をやっても「脚だけは細くならなかった」「脚やせはできない」とあきらめ感を持っている人も多くいます。その理由は脚が太くなる本当の原因が分からないため、細くする方法も分からないでいるからです。

脚が太くなる本当の原因は、悪い足による日々の悪い歩き方(踏ん張れない歩き方)にあるのです。女性に多い「外反母趾」や「指上げ足(浮指)」は、まず足裏が不安定になります。その不安定を補うため、すねやふくらはぎに余分な負担が加わって脚が太くなるのです。お分かりのように脚を細くする最善の方法は、不安定な足裏のバランスを整えるということです。足裏のバランスを整えると自然と正しい歩行が促され、自然と細くなってくるということです。

多くの人は自分の事となると「悪い足と下半身太り」との関係を忘れ、誤った先入観や情報に惑わされ、価値のないことに振り回されているのです。
当ホームページの内容は、悪い足による悪い歩き方が「太い脚」「下半身太り」「O脚」「悪い姿勢」「体の歪み」を起こし、更には自律神経失調症まで起こしているというメカニズムを力学的に分かり易く説明しています。
ページトップへ

正しい歩行でダイエット「悪い足が下半身を太くする理由」

『思い当たりませんか、悪い足による悪い歩き方が足を太くしていることに

不安定な足裏

美や健康に悩みをもっている人の90%に「外反母趾」や「指上げ足(浮指)」「扁平足」といった悪い足、つまり足裏の異常に伴う不安定があるのです。しかし多くの人たちは、その因果関係に気づいていないのです。

ではなぜ、「足裏に異常があると正しい歩行ができず、下半身が太くなってしまうのか」を簡単に説明いたします。

1. 足裏に異常があると足裏が不安定になってしまう

2. その足裏の不安定を本能的に補おうとして、下半身(すねやふくらはぎ)に余分な力がかかり筋肉がついてしまう。

3. 余分に付いた筋肉は疲労しないようにと脂肪を蓄え次第に太くなっていく。
実はこれの繰り返しだったのです。

不安定な足裏

これを「足裏美学」で説明しましょう。
足裏を積木の一段目と例えた場合、積木の一段目を正しておくとバランスがいいです。もし一段目が傾いていたとしたら、その上は崩れないようにするために反対にズラさなければなりません。
人間の場合は、その歪んだり、ズレた部分を筋肉で補い太くすることで崩れないように本能的にしているのです。

人間の場合、積木の一段目を正すということは足裏のバランスを正すということで、足裏のバランスが整うと全身のバランスも自然に整い、正しい立ち姿勢と共にスラリとした美しいスタイルに変えることができるのです。
家の場合でも同じで、もし自分の家が傾いたら誰でもその基礎となる土台から正していくという考えが自然に起こります。

これと同じように、人間の体も土台となる「足裏のバランスから上部を正していく」という考えがダイエットの最初に必要であり、また自然なのです。
人間は建築物と違って、土台となる足裏のバランスを整えると自然に上部のバランスも整ってくるというすばらしい修復本能が備わっているのです。
ページトップへ

足裏美学コンセプト『美と健康は足裏のバランスから』

人間の体は地球上において、無意識のうちに重力との調和を保つために絶妙なコントロールでバランスが保たれるように設計されているのです。つまり、私たちの体は、重力とのバランスを効率的に保つことを最優先しているのです。その重力とのバランスを最も多くコントロールしているところが、人間の土台となる「足裏」だったのです。

つまり、重力とのバランスが効率的に保たれている人のみに「美」と「健康」が促され、運動能力の発達と共に環境への適応や進化が促されてきたのです。
逆に、重力とのバランスが崩れている人は「慢性痛」や「自律神経失調症」「病気」が起こり、美容面では「下半身太り」「体の歪み」「O脚」「肥満」が発生し、運動能力の低下と共に環境への適応ができず退化や死が促されていたのです。
これが『美を追求していくと健康にたどりつき、健康を追求していくと足裏のバランスにたどりつく』と言われるゆえんなのです。

美しいスタイルも締まった下半身もそして健康体も、正常な足裏の状態により、重力とのバランスが効率的に保たれた結果だったのです。
足裏のバランスを整えて、重力の上に効率的に立ち、そして正しい歩行をする、つまり『足裏から全身のバランスを整えて正しい歩行をする』このことが美しいスタイル、下半身ダイエット、それに健康の秘訣だったのです。

体力があるから人に勝てる     体力がないからいつも弱気

ページトップへ

悪い足とは、こんな足

まず、自分の悪い足に気づいていないという事が問題なのです。その理由は

1. 見本となるような正常な足、美しい足と比較する機会がないので比べようがない
2. 自分の足が醜い、悪いという欠点を認めたくないという心理が働く
3. 「たかが足」「足ぐらい」という軽い気持ちで片付ける傾向があるからです

では、悪い足とはどのようなものか大きく分けると次の2つのパターンが代表的なものです。
(1). 外反母趾
外反母趾
(2). 指上げ足(浮指)
指上げ足

「外反母趾」は親指が曲っているので分かり易いのですが、もうひとつの「指上げ足(浮指)」は曲っていないので上から見ただけではわかりずらいのです。

また、専門家や現代医学も社会に指摘していないので一般の人へ知識が広まっていない。だから分かりづらいのです。しかし現実には外反母趾と同数、いえそれ以上います。

問題なのは、この外反母趾や指上げ足が原因で悪い歩き方になっていることと、また専門家や現代医学がまだこの重大さに気付かない、そして指摘しない点です。

特に悪い足は、「指上げ足」

外反母趾と指上げ足


外反母趾と指上げ足(浮指)の見つけ方

● 外反母趾は図のように親指が小指側に15度以上曲っている場合です。

外反母趾のチェック法

● 指上げ足(浮指)は図のように足首を台の上に乗せ力を抜いた状態で背屈させ、親指を押した時、足底から見て90度以上に曲ってしまう足です。

指上げ足の特徴とチェック法