正しい歩き方.net / 正しい歩き方をモデル、スチュワーデス、芸能人に指導する第一人者 笠原巖の【公式サイト】

  • 会社概要
  • お問い合わせ
  • 正しい歩行Q&A

正しい歩き方について

正しい歩行は、意識しただけではできないものです。
いくら意識していてもすぐに忘れてしまうようになっています。それは、「歩く」ということは呼吸をするのと同じことで、意識して長くできるものではないからです。
そこで、意識しなくても正しい歩行ができるようにするには、「足裏のバランスを整える」ことなのです。足裏のバランスを整えておくと、意識しなくても自然と正しい歩行が促されてくるのです。
人間は重力とのバランスを効率的に保つことを最優先しています。その重力とのバランスを一番多くコントロールしているところが、「足裏のバランス機能」なのです。
今、歩き方に迷っている人はたくさんいます。「ウォーキング教室」が世間でこれだけ流行っているのは、多くの人達が歩き方に迷っていることを何よりの証拠ではないでしょうか?
この「迷っている」という直感は、「悪い歩き方が健康や美によくない」といことを感じ取っている証拠なのです。
悪い足で悪い歩き方をしている人の90%に、慢性痛や自律神経失調症・病気・下半身太り・O脚・身体の歪みがあります。このことを感じとっているのです。
つまり

「正しい歩行は足裏のバランスを整えてから」

ということです。
本来の足裏は、かかとと指の付け根と足の指の3点を使い全身のバランスをとっています。ところが、現代人の多くは外反母趾や指上げ足(浮き指)などの足裏の歪みがあり、足指に踏ん張る力がないため指をほとんど使わずに歩いているのです。足指が踏ん張れていないということは、かかとと指の付け根だけを使った2点歩行となり、重心がかかとに片寄ってしまったり、身体を支える範囲が狭くなってしまったり、左右の足で均等にバランスが取れず身体に歪みをつくってしまうのです。

現在の地球環境は、重力の上に成り立っています。私たち人間も含め、地球上のすべての生物・構造物は、重力とのバランスを保つことで現在の形態をとどめており、それに合わせて創造されているのです。
そして、私たちは「重力」という最大の負担に対して、一瞬たりとも休むことなく2本の足で効率よく調和を保つことを誰に教えられるでもなく第一優先にしているのです。その「重力との調和」を最も多くコントロールしているところが、体表面積の1%にも満たない「足の裏」であり、私たちの根本的な健康法や予防医学の真意なのです。なぜなら、重力とのバランスが効率的に保たれたところにのみ、美や健康が生まれ、運動能力の発達とあるいは進化が促されているからです。
逆に重力とのバランスが崩れたところに、「原因のはっきりしない慢性痛や骨損傷、自律神経失調症状」が発生し、運動能力の低下や退化が促進されてしまうのです。だからこそ、私は「足裏の不安定(足の異常)」と「慢性痛」「病気」とを関連付けられない現代医学に問題があると訴え続けています。
「美を追求していくと健康にたどりつき、健康を追求していくと足裏のバランスにたどりつく」、「足に関心がないのは健康に関心がないのと同じだ」と言われように、美と健康は足が90%関係しているのですということを、深く理解して頂きたいと思います。


お好きなページへお進みください

正しい歩行とダイエット

  • 全身のダイエット
  • 下半身のダイエット
  • すね、ふくらはぎが太い
  • 静脈瘤
  • 肉割れ
  • ヒップアップと脚長効果

正しい歩行は足裏バランスから

  • カサハラ式足裏バランステーピング法
  • テーピングの代わりになるサポーターや3本指テーピング靴下
  • 整体をすると更に
  • 正しい歩行のためにするお薦め運動
  • 靴で歩行を改善

pagetop